厄払いのお札いつまでに?処分や返納の方法わからない

御札

あああ

【期限】厄払いのお札はいつまでに?

神社やお寺でいただた厄払いのお札をいつまでに返すべきかという期限は定められているわけではありません。ですが、神社本庁によると、以下のように説明しています。

古いお神札は、一年間お守りいただいたことに感謝申し上げてから、お神札を受けた神社の古神札納所等へ納めてお焚き上げをしていただき、新しいお神札をお受けします。遠くの神社で受けたお神札で納めに行くのが困難な場合は、近くの神社などにお焚き上げしていただけるか問い合わせてから納めに行くのがよいでしょう。

神社本庁HPより引用

決まりはないけれど、厄払いのお札も1年たったら、感謝の気持ちをもって返すのが良いのでしょうね。

厄払いのお札の処分返納はどこに持っていけばよいのか

厄払いで頂いたお札。返納のしかたがわからないとどうしていいものか、まさかゴミ捨て場で処分するわけにはいきませんし。ずっと持ち続けていても厄年すぎてるし意味あるのか?と思ったりしますよね。厄払いのお札の処分返納の方法もしっかり調べました。

厄払いを受けた場所に返納し処分してもらう

一番理想的なのはやはり厄払いを受けた場所のお札を返しにいくというのが一番良いでしょう。感謝の気持ちをしっかりと伝えるにはその場所に行くのが最も伝わりやすいでしょうからね。

だいたいの神社には古神札納め所(ふるふだおさめじょ)という古くなったお札やお守りを収める場所が用意してありますのでそちらにお賽銭をいれて感謝の気持ちを伝えましょう。

※中には用意していない神社もあるようなので、そのあたりは確認してみてくださいね。

遠くて行けない場合は郵送で返納処分

遠方で厄払いを受けた方などはなかなかそこまで返納しに行くのが困難な場合も。

そんなときは郵送で受け付けてくれる神社もあるようです。(明治神宮なども郵送OKらしいですね)

ちなみに郵送の時の注意点ですが、

  • 封筒に「お炊き上げ希望」と記入。
  • 封筒は白いものを。
  • 料金は確認した方が無難

違う神社でも処分返納できる

違う神社でも厄払いのお札などの処分返納は可能です。中には、できない場所もあるので一度確認することをオススメします。

一つ注意点があり、お寺と神社は異なるので神社うけたものをお寺にという返納は絶対にやめましょうね。お寺は仏様、神社は神様を祀っているからです。

どんど焼きで処分返納する

多くの神社では、大晦日から一月十五日(小正月)までの間に左義長やどんど焼等が行われ、正月飾りなどとともに古いお神札や、お守りなどがお焚き上げされます。

神社本庁HPより引用

年始になると、どんど焼きが神社でも行われたりしますよね。神社以外でも町内会や地域のイベントとして毎年行われていたりします。神社庁でも古くなったお札の処分返納方法の一つとしてHPで紹介しています。あなたの近くでお焚き上げするイベントなどあればそちらで厄払いのお札を処分返納するのも一つの方法ですね。

まとめ

あああ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です